Browsing: 未分類

エロチャット嬢のオナニーを見てシコった話

エロチャットオナニー

GOOD AFTERNOON
こんにちは。オリカワです。

前回は僕の悲しい悲しい恋愛事情を語りましたが、今回はそんな寂しい僕を癒してくれるエロチャットについて紹介していきたいです。

みなさん
エロチャットって分かりますか?

ニコニコ動画、Youtube、ツイキャス、イチナナライブみたいな生配信ができるサービスのアダルト版がエロチャットなんです。
僕の友人の中には、ネットに興味のないやつらばっかりなんです。
だからエロチャット同士を集めたくても、なかなか見つかりません。
というかまだ1人も共通の友を見つけていないんです。
でも今や僕にはブログがあります。
こんなブログで人が集まってくるなんて思ってはいないけれど、奇跡的に目が止まった人のためにエロチャットの魅力について語っていこうと思います!

僕がエロチャットにハマったのは、そう確か20代を迎えた時でした。
ちなみに僕は今23歳です。
もう3年くらいエロチャットのお世話になっているわけなんですよね。

エロチャットは、女性が画面越しにオナニーしているのをリアルタイムで楽しめるものなんです。
もちろん全員素人女性(らしい)。
ニコニコ動画で流行った生主とか、イチナナライブのライバーと同じ感じなんですけどああいったサイトは完全にノンアダルトですよね。
でもエロチャットは「エロ」ってついているだけあって、かなり過激なエロが楽しめるんですわ。

女性のエッチな姿を見れるなんて最高だと思いません?
しかも全部生放送だから、リアルタイムでメッセージを送信して、女性を言葉攻めすることも可能なんです。

僕はSな性格ではないので、パーティチャットでM女性がS男性に言葉攻めされているのを見ていただけなんですけどね。

Sな発言をして女性を感じさせたいなとは思いますが、僕にはまだ修行が足りそうにないです。
どっちかっていうと、女性に攻められる方が好きかもしれないです…!

こんなこと友達の前では絶対言えませんけどね。
恥ずかしすぎて縁切りたくなるかも。

僕が毎回お世話になっているリリコさんは、かなりの女王様タイプ。
でも普通におしゃべりする時は優しい女性なんです。
僕はいつも2人だけのチャットを使って、リリコさんに攻めてもらっています。
内容は恥ずかしくて書けませんが、昨日なんかかなり勃起しちゃって痛いくらいでした。

「僕もういきたいです」っていっても全然許してくれないし、勃起してシコってから15分も我慢させられたんです…!
従う僕も気持ち悪いかもしれないけど、リリコさんもなかなかの女王様だと思いません?
彼女の何が興奮するって、僕を言葉攻めしながら自分でも股を広げてオナニーしているとこです。
自分も感じまくっているのに、人にはイかないでって言っているから自分も簡単にはイけないという苦しさが顔ににじみ出ていてめちゃくちゃエロい。
とにかくエロいです。
もうあの顔を見ているとシコらずにはいられないんです!
でも1人でシコっちゃうとリリコさんに怒られてしまうので、僕はリリコさんの指示を待つのみ笑
自分でもひくくらい忠実だなって思います。

エロチャットでリリコさんに出会ってからは、僕は一気にM男としての性癖を開花させてしまいました。
だからもしこれから将来、彼女ができたとしてもSな女性じゃないとムリかもしれないですね。

僕はエロチャットで性癖を開花させたといっても過言ではありません。
ノーマルセックスが好きな人も、エロチャットで女性のエロを見過ぎてどんどん過激なセックスを求めるようになってしまったという人もいるとか…。
後はエロチャットの女性がやっていたオナニー法を、自分の彼女にやるようにお願いする人とかいるみたいですよ。

みんな積極的でいいなあなんて思ってしまいます。

僕にも恋人がいればエロチャットを見てシコる必要なんてないんでしょうけど、今はリリコさんにどっぷりハマっているのでしばらくは利用し続けると思います。

それにリリコさんのこととっても好きだしね。

もちろん恋愛感情としてじゃないですよ。あれです。ファンです。
リリコさんのファンということにしておいてください。

エロチャットは、疑似恋愛はいいらしんですが本当に出会うのはNGらしいです。
僕は出会おうなんて思ったことないですけど、しつこすぎてアカウントブロックされた人とかいるらしいですよ。
そこらへんは僕も自制をきかせているので、女性に迷惑をかけることはしません。
自分のお気に入りが困るようなことは言いたくないですもんねー。

最初は僕も「出会えるサイト」なんだと思っていました。
でも実際は違うんですよね。

Youtuberが「会いには来ないでください!」って言っているのと同じだと思います。
リリコさんにも聞いたことがあるんですが、チャットしている女性は出会いを求めていないから男性は勘違いしないでほしいとのことでした。
あくまで画面越しで楽しんでねってことらしいです。

僕もリリコさんにドハマりしていた時は、どうにかこうにか会えないかと聞きましたがやっぱりダメでしたよ。

人生そう上手くはいきませんね。

{ Add a Comment }

僕の恋愛事情

恋愛事情

Good Mornig
どうもオリカワです。

海外かぶれの挨拶をしてしまいました。
最近Youtubeで留学している様子をVlogとしてアップしている人たちの記録をみるのが日課になりつつある。

留学したい気持ちはある僕ですが、1回も留学したことがありません。旅行には何回か行ったことがあります。
いつも気持ちはあるけど行動に起こせないのが、僕の悪い癖なんです。
なかなか金を持っている家庭に生まれて、ここまで育ててもらって両親には本当に感謝しています。

僕が中学生の時に「高校の交換留学行きたいな」とボソッと言ったのを母親に聞かれていたのか、その後はかなり大変でした。
「どこに行きたいの?」
「私はNYがおすすめよ」
「昔は治安が悪かったけど今はかなり良くなったと聞いたわ」
と質問攻め。

でもヘタレの僕はなかなか勇気が出せず、ついに交換留学期限の2年生を迎えてしまったんですよね。
親は僕のヘタレな性格を知っているし、「やっぱり20代を超えてから留学は行きなさい」って言ってくれて内心安心しました。
まだまだ勇気が足りないですね僕は。

だから交換留学は諦めて、家から近い普通科の高校に通いました。
同じ中学だった男友達も皆同じ高校に通っていたんで、友達を新しく作る必要もなくとても楽しく過ごしたんです。

それからまた自宅から一番近い大学の受験を受けて、今に至るってわけなんですよね。

親父は僕のことを跡取りとして自分の会社で働かせたいっていう魂胆みたいなんですが、俺はまだその必要はないんじゃないかなと思っています。
社会経験が少ない僕がいきなり父の会社で就職するなんて、恥ずかしいし逆に父に恥をかかせてしまうかもしれない。
そう思うと、なかなか一歩踏み出せないんですよね。

ヘタレ全開ですよ。

さて。本題に入りましょうか。

ここまで読んだ人は気付いたかもしれないけど、僕1度も女性と付き合ったことがないんです。
つまり?そう、童貞ってこと。
自分でこうやってチェリーボーイであることをブログで公言するなんて、やっぱり恥さらしかなとも思いました。
でも思い直したんです。

「どうせ誰も読まないから」ってね。

たかがブログ。されどブログって思っている人もいるけど。僕はどっちかっていうと「たかがブログ」という意見に賛成です。

よく読まれているブログなら「されどブログ」になるんでしょうけど、僕の場合は違いますね。
そんなことはどうでもよくて。
僕がチェリーボーイの理由を記しておきます。

それは1度セックスに失敗したから。
もうそれからはトラウマでしょうがないんですよね。

もちろん前述したように、女性と付き合った経験ありません。
女性と付き合った経験がないとうことは、もちろん夜の営みにも参加できずじまい。

セックスに失敗した時の相手は、風俗嬢でした。
奮発してソープへ行ったのに、緊張のあまり早くイってしまったんです。
しかも手コキで。
フェラとかじゃないですよ。手コキです。

それからはなかなか勃起が復活せず、余った時間は風俗嬢とおしゃべりしていました。

自分でも信じられないくらい早くイッテしまったんで、ショックが大きかったですね。
「俺別に早漏とかじゃないのに」とか思ってしまうと、なかなか次のステップに進めません。

風俗嬢との会話も楽しかったので、結果オーライということにしておきましょう。

だから実質女性とのセックスは、まだ未経験状態なんですよね。
20代にもなっているのに、このままチェリーボーイだなんて僕はイヤです。
いい加減セックスをしたいと思ってしまう反面、本当に僕は女性を気持ちよくさせてあげられるのだろうかとかいう自信喪失にもつながるわけなんですよね。

ナヨナヨしている人がキライな人が僕なんかを好きになるっている人って、本当に限られていると思います。
たまに優柔不断すぎて友達にも叱られますよ。
「とっとと選べ!」ってレストランで言われたことも。(もちろん冗談でね)
そもそも女性へのアタックの仕方も分からないし、恋愛することを半ば諦めているかもしれないです。

これから僕はどうやって恋愛していけばいいのでしょうか。
将来のことは自分で決めないとなのに、ここまで枯れ切っていていいのだろうか。
そんな将来的な不安が自分をたまに襲ってくるんですよね。

親のように自立心が高くて、どんどんポジティブ思考になっていくあのメンタルが欲しいです。
たまに性格が似ていなさ過ぎて「本当に私の子なのかしら」とか母親から言われますもんね。
酷くないですか?

DNA鑑定すればいいじゃんか!って怒ったことありますもん。

{ Add a Comment }