恋愛事情

Good Mornig
どうもオリカワです。

海外かぶれの挨拶をしてしまいました。
最近Youtubeで留学している様子をVlogとしてアップしている人たちの記録をみるのが日課になりつつある。

留学したい気持ちはある僕ですが、1回も留学したことがありません。旅行には何回か行ったことがあります。
いつも気持ちはあるけど行動に起こせないのが、僕の悪い癖なんです。
なかなか金を持っている家庭に生まれて、ここまで育ててもらって両親には本当に感謝しています。

僕が中学生の時に「高校の交換留学行きたいな」とボソッと言ったのを母親に聞かれていたのか、その後はかなり大変でした。
「どこに行きたいの?」
「私はNYがおすすめよ」
「昔は治安が悪かったけど今はかなり良くなったと聞いたわ」
と質問攻め。

でもヘタレの僕はなかなか勇気が出せず、ついに交換留学期限の2年生を迎えてしまったんですよね。
親は僕のヘタレな性格を知っているし、「やっぱり20代を超えてから留学は行きなさい」って言ってくれて内心安心しました。
まだまだ勇気が足りないですね僕は。

だから交換留学は諦めて、家から近い普通科の高校に通いました。
同じ中学だった男友達も皆同じ高校に通っていたんで、友達を新しく作る必要もなくとても楽しく過ごしたんです。

それからまた自宅から一番近い大学の受験を受けて、今に至るってわけなんですよね。

親父は僕のことを跡取りとして自分の会社で働かせたいっていう魂胆みたいなんですが、俺はまだその必要はないんじゃないかなと思っています。
社会経験が少ない僕がいきなり父の会社で就職するなんて、恥ずかしいし逆に父に恥をかかせてしまうかもしれない。
そう思うと、なかなか一歩踏み出せないんですよね。

ヘタレ全開ですよ。

さて。本題に入りましょうか。

ここまで読んだ人は気付いたかもしれないけど、僕1度も女性と付き合ったことがないんです。
つまり?そう、童貞ってこと。
自分でこうやってチェリーボーイであることをブログで公言するなんて、やっぱり恥さらしかなとも思いました。
でも思い直したんです。

「どうせ誰も読まないから」ってね。

たかがブログ。されどブログって思っている人もいるけど。僕はどっちかっていうと「たかがブログ」という意見に賛成です。

よく読まれているブログなら「されどブログ」になるんでしょうけど、僕の場合は違いますね。
そんなことはどうでもよくて。
僕がチェリーボーイの理由を記しておきます。

それは1度セックスに失敗したから。
もうそれからはトラウマでしょうがないんですよね。

もちろん前述したように、女性と付き合った経験ありません。
女性と付き合った経験がないとうことは、もちろん夜の営みにも参加できずじまい。

セックスに失敗した時の相手は、風俗嬢でした。
奮発してソープへ行ったのに、緊張のあまり早くイってしまったんです。
しかも手コキで。
フェラとかじゃないですよ。手コキです。

それからはなかなか勃起が復活せず、余った時間は風俗嬢とおしゃべりしていました。

自分でも信じられないくらい早くイッテしまったんで、ショックが大きかったですね。
「俺別に早漏とかじゃないのに」とか思ってしまうと、なかなか次のステップに進めません。

風俗嬢との会話も楽しかったので、結果オーライということにしておきましょう。

だから実質女性とのセックスは、まだ未経験状態なんですよね。
20代にもなっているのに、このままチェリーボーイだなんて僕はイヤです。
いい加減セックスをしたいと思ってしまう反面、本当に僕は女性を気持ちよくさせてあげられるのだろうかとかいう自信喪失にもつながるわけなんですよね。

ナヨナヨしている人がキライな人が僕なんかを好きになるっている人って、本当に限られていると思います。
たまに優柔不断すぎて友達にも叱られますよ。
「とっとと選べ!」ってレストランで言われたことも。(もちろん冗談でね)
そもそも女性へのアタックの仕方も分からないし、恋愛することを半ば諦めているかもしれないです。

これから僕はどうやって恋愛していけばいいのでしょうか。
将来のことは自分で決めないとなのに、ここまで枯れ切っていていいのだろうか。
そんな将来的な不安が自分をたまに襲ってくるんですよね。

親のように自立心が高くて、どんどんポジティブ思考になっていくあのメンタルが欲しいです。
たまに性格が似ていなさ過ぎて「本当に私の子なのかしら」とか母親から言われますもんね。
酷くないですか?

DNA鑑定すればいいじゃんか!って怒ったことありますもん。